教室長ブログ

2017年01月04日

新年あけまして

おめでとうございます!


年末は恒例の、「笑ってはいけない…」を見て、


後出しじゃんけんで大爆笑していた、サンシャイン教室長です。


イェェェェィ!・・・ではなく、こんにちは!


今回は紅白でRADと星野源がどうしても観たかったので、


そこだけ紅白を観ました。恋ダンス、良かったです。


*****


さてさて新年になりました、はい、2017年です。平成29年です。


皆様いかがお過ごしでしょうか??


都立入試まで51日となりましたが、都立受験生、頑張ってますか?


うちの教室は幸いにも大学受験組が全員合格したのと、


今年度は中学受験生がいないため、


高校受験生のみとなっております。


今週と来週には最後のVもぎ、そして私立単願入試までおよそ2週間強。


あっという間に「その日」はやってきます。


都立受験生も、残り2回のVもぎの結果次第では、


志望校のランク下げをしなければいけないでしょう。


まさにラストチャンス。


*****


末筆ですが、Vもぎの合格判定のアドバイスを。


C判定やD判定の子で、実際受験するかどうか悩んでいる方も多いと思います。


C・D判定で、GOサインの出せる場合とそうでない場合をお教えします。


※私個人の判断です


*****


【ケース①】都立志望 C判定

英語:45
数学:45
国語:50
理科:45
社会:50
5教科:47

<結論>受験可

<理由>
①英数に比べて国語の偏差値が高いため、出している偏差値以上の基礎学力があると推察
②国社の偏差値から見た時に、理科は短期間でもまだまだ伸ばせる
③英数国は維持、理科は偏差値50~55まで上昇可能、社会も50~55まで見通せる
④短期間でA~B判定まで伸ばせる



【ケース②】都立志望 C判定

英語:43
数学:43
国語:41
理科:52
社会:53
5教科:47

<結論>出来ればランク下げ推奨

<理由>
①英数が全体に比べ低く、この時期にしては厳しい
②国語の偏差値が低く、現状が基礎学力以上のパフォーマンスを出している状況。
④これ以上伸ばすのは中々に厳しい



*****


まぁ、一概に言えることではないですが、


単純に判定がすべてではないということです。


ただもちろん、より良い判定で本番を迎えるにこしたことはありません。


そこは本人も塾の先生も、最後の追い込み、頑張りどころといったところでしょうか。


ちなみに、私は前者のケースはほぼA判定まで上げられます(笑)



1/8と1/15でVもぎラストですが、


まだまだ努力で判定は変わります!!


教室長 鴨志田
ベストワン早稲田校
ベストワン早稲田校
ベストワン早稲田校
新宿区西早稲田3-15-1
O・Kビル201号
TEL:03-6233-8181

twitterもやってます!
@bestonewaseda
ページトップ
<?=$this->translate->_('削除')?>
新年あけまして
    コメント(0)